Abuild(アビルド)のサービス内容を徹底紹介

アビルドおすすめの塾一覧

この記事では、東京都新宿区で就活コーチングサービスを提供しているAbuild(アビルド)について、そのサービスや実績について紹介しています。

利用者の口コミや講師陣の経歴など、就活塾を選ぶ上での判断材料となる情報を分かりやすく整理していますので、ぜひ最後まで目を通していただければ幸いです。

Abuild(アビルド)の基本情報

アビルドってどんな就活塾なの?

まずはAbuild(アビルド)の基本情報からチェックしていきましょう。

特に校舎の場所と講義形式は1番最初に確認しておき、家から通える距離なのか、遠方の場合はオンライン対応があるのかをチェックしましょう。

運営会社名NINJAPAN株式会社
電話番号03-4570-3074
校舎の所在地東京都新宿区西新宿3丁目9-7
BIZ SMART西新宿 3F
講義形式週1回の面談
(実地対面/オンライン)
オンラインサポートあり
代表者名新井 翔太
特筆すべき特徴外銀出身CEOによる独自メソッド
専任コーチによるマンツーマン指導
外銀出身CEO率いる優秀なコーチ陣
その他代表はYoutubeチャンネルを運営
詳細はこちら

また、特筆すべき特徴として挙げている「外銀出身CEOによる独自メソッド」はAbuild(アビルド)の最大の強みと言えます。

後ほど詳しく説明しますが、Abuild(アビルド)には外銀と外コンに特化したコースが用意されており、ここまで外銀と外コンにこだわった授業をしているところはなかなかありません。

どんなサービスがあるのか?

Abuild(アビルド)のプログラムは3か月で完結できる短期集中型となっており、専任コーチによるサポートのもと、様々な就活対策に取り組むことができます。

志望企業に応じて3つのコースが設けられており、それぞれサービス内容が少しずつ違いますので、ここからはコースごとに詳しく説明していきます。

外銀攻略コース

外銀コースはその名前の通り、外資系銀行への就職を目指す人向けのコースとなっていて、ハイレベルなコーチによるオーダーメイドカリキュラムを受講することができます。

具体的に獲得できるスキルや能力としては以下の項目が挙げられます。

  • 主体的な論理思考能力
  • データを読み解き最適な意志決定をするスキル
  • 結論から原因を導く一連の検証スキル
  • リーダーシップ/実行力
  • プレゼンテーション/コミュニケーション力
  • タスク・タイムマネジメント

内定獲得に直結する選考対策はもちろんのこと、実践的なビジネススキルも習得できるカリキュラムとなっています。

外コン攻略コース

外コン攻略コースも、ハイレベルなコーチによる指導・オーダーメイドカリキュラムという点では上記で紹介した外銀コースと同じです。

それに加え、外資系コンサルの選考で必要とされる以下のような分析・思考スキルを身に付けることができるのがこのコースの特徴です。

  • ロジカルシンキング
  • BCGPPM
  • アブダクション

外資系コンサルは就活生からの人気も高いですし、選考もハイレベルで独特な形式の企業が多いため、それを突破するのは簡単ではありません。

外コンに精通している人から就活のサポートを受けられるのはかなり貴重な機会ですので、本気で外コンに行きたいという人はぜひ1度検討してみてください。

一流企業コース

こちらのコースは総合商社や広告代理店など、日系の一流企業を目指したい人向けのコースです。

学習の流れとしては大きく以下の3ステップになっています。

  1. 就活力をテストで診断
  2. 自己PR法の伝授
  3. その人に合わせた就活戦略を設計

具体的なカリキュラムの内容としては、ESや筆記試験、面接といった基本的な対策のほか、コロナ禍における就活対策も学べるようになっています。

また、毎日の進捗管理やメンタルケアなどのサポートも充実しており、生徒に向き合う時間をしっかり確保している点もAbuild(アビルド)ならではの魅力です。

直近の内定実績について

内定実績について

内定実績はその就活塾のレベルや質が如実に表れるポイントですので、必ずチェックしておくようにしましょう。

内定実績を見るときのポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 全体の内定率
  2. 自分の行きたい業界・企業の実績
  3. 自分と同じレベルの大学に通う人の内定先

全体の内定率を見るのはもちろんのことですが、自分と似たような学歴や志望先を持つ人の実績をチェックしておくことで、その就活塾で成果が得られそうかを具体的に考えることができます。

Abuild(アビルド)の公式HPでは、内定実績を紹介するためのページは特に用意されていません。

ただ、保護者向けのページでは「トップ企業への合格実績多数」という文言と一緒に、実績のある企業のロゴが掲載されています↓

Abuild内定実績
引用元:Abuild就活公式サイト

この画像を見ると、外資系コンサルや商社、大手金融機関などいわゆる「難関」と呼ばれる企業への実績があることが分かります。

ただし、この画像だけでは詳しい実績は分かりませんので、全体の内定率や志望業界への内定実績が豊富にあるのかについては念のために入塾前に確認する事をおすすめします。

講師はどんな人なのか?

講師の経歴
Abuild(アビルド)の公式HPでは、講師として現役の一流企業社員が多数所属しているという記載があります。

実際、代表である新井翔太氏は京都大学・大学院を卒業後、ドイツ証券株式会社投資銀行に入社という優秀な経歴の持ち主です。

また、その他の講師陣も経営者として活躍している人が多く、分野も不動産や人材、通信関係など多岐にわたっています。

講師陣の経歴の傾向から見てみますと、特に外資系企業で働きたい人や起業に興味があるという人には向いていると言えるでしょう。

受講料はいくら?

授業料はいくらなのか

Abuild(アビルド)の受講料についてですが、残念ながら公式HPでは一切案内がありません。

唯一の情報としては、公式サイト内にて掲載されていた他の就活塾との比較表に「費用」という項目がありました。

他塾との料金やサービス内容の違い
引用元:Abuild(アビルド)就活の公式サイト

上記の表では受講料を「中」・「高」・「低」の3段階評価で記されており、Abuild(アビルド)は「中」となっています。そのため、他塾と比較すると料金面では安くもなく、高くもなく、と推察されます。

ただし、掲載されている情報だけでは具体的な価格は全く分かりませんので、入塾前に確認をすることをおすすめします。

電話での問い合わせや無料説明会などは随時受付しているようなので、そこで詳しく話を聞き、提示された価格がサービスに見合っているか、そもそも払える金額なのかは必ず確認しておきましょう。

ネット上の口コミ評判の一例

ネット上の評判の一例を大公開

ネット上の口コミは公式HPだけでは知りえない情報を得ることができますので、可能な限りチェックしておくようにしましょう。

Abuild(アビルド)のネット上の口コミはほとんどなかったのですが、Yahoo!知恵袋で1件だけ見つかりましたので、以下に紹介しておきます。

Abuild就活を受講したものです。 様々な就活塾を検討しましたが、アビルドに入会しました。 無料相談で話を聞いたときは正直値段も安くなかったので、他と悩みましたが第一志望の現役の社員さんが教えてくれることもあったので入会しました。

入会後は自己分析を幼少期からかなり細かくやったり、かなり量はありましたが、毎日の進捗管理、落ち込んだ時もやりとりを行ってくれるおかげでなんとか最後までやり切れました。 第一志望にも内定を早期でもらうことができたので結果的に満足しています。

引用元:Yahoo!知恵袋

また、こちらは公式HPの情報になるのですが、実際にAbuild(アビルド)を利用している学生の体験談が写真付きで掲載されています。

ここではその体験談の中からいくつかコメントを抜粋して紹介しますので、参考程度に読んでおいてください。

時間の管理や私が決めたことに対してアドバイスしてくれるのはもちろんのこと、困ったときには就活の悩みや他のプライベートな悩みとかも全部相談に乗ってもらっています。

引用元:note―Abuild就活

カリキュラムの流れがすごいよかったです。
自己発掘から自己決定までを自分の言葉で整理して書いて、自己を見直した上で企業分析をしっかりして、全部踏まえて、総合的な力をつけた上で面接に関して取り組む。
そういう基礎をしっかりやって体系立ってから応用をするというカリキュラムでした。

引用元:note―Abuild就活

結局Abuild(アビルド)ってどんな塾なの?

ここまでのページのまとめ

最後に、Abuild(アビルド)の特徴となるポイントを再度まとめておきます。

  • 外銀出身CEOによる独自メソッド
  • 専任コーチによるマンツーマン指導
  • 外銀出身CEO率いる優秀なコーチ陣

この中でも、特に外コンや外銀に特化したコースが用意されているという点はAbuild(アビルド)ならではの強みだと言えます。

また、専任コーチがによるマンツーマン指導では、選考対策だけでなく、スケジュール管理やメンタルケアまで行ってくれますので、精神面でも安心して就活を進めることができます。

ただし、受講料や内定実績については公式HPだけでは不透明な部分が多いので、必ず無料相談会や電話で確認しておきましょう。

ここまでの内容に目を通してみてAbuild(アビルド)興味を持ちましたら、ぜひ公式サイトに足を運んでみてください。

Abuild(アビルド)のHPはこちら

最後にAbuild(アビルド)と同様に外資系企業の内定実績が豊富な就活塾をご紹介しますのでAbuild(アビルド)のサービスレベルを確かめるためにもご確認ください。
詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました