最近はやりの就職予備校とは?

就活予備校について外さない塾の選び方

「就活のことを調べている内に就活予備校なるものの存在を知ったけど、どんなものなのかよく分からない……。」

そんな風に「就活予備校に興味があるからもっと詳しく知りたい!」という方のために、就活予備校の気になるアレコレを分かりやすくまとめました!

就活予備校に通うメリットや利用する際の注意点など、あなたの気になる情報をギュッと詰め込みましたので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも就活予備校とは何か?

机上で頬杖をつく女性

まずは就活予備校がどういうものなのかをきちんと知っておきましょう。

実際に私が通っていた予備校のカリキュラムも紹介していますので、具体的な授業のイメージなども掴んでいただけると幸いです。

新卒の就活で失敗しないための専門塾

就活予備校とは、新卒の就職を成功させるために様々な選考対策を行う場所であり、受験で通うような学習塾の就活版だと考えていただければわかりやすいかと思います。

ただし、就活塾と一口に言ってもサービス内容や受講期間、料金体系などは様々ですので、自分のニーズを満たしてくれる塾をしっかり見極めることが大切です。

ちなみに就活予備校の相場料金については安い塾の名前と併せて以下のページで特集しておりますのでぜひご覧ください。

授業料の相場と安価な塾を一挙大公開

通えばどんな事を学べるのか?

就活予備校で学べることは大きく以下の2つに分けることができます。

  1. 志望企業への内定に必要な就活ノウハウ
  2. 内定後にも生かせるビジネススキルやコミュニケーション能力

1つ目の就活ノウハウについてはほとんどの予備校で提供されているものであり、自己分析の方法やエントリーシートの書き方、面接での受け答えの仕方などがこれに当てはまります。

一方で、2つ目に挙げた内容はすべての就活塾で提供されているものではなく、その内容も塾によって様々です。

私が通っていた予備校ではセールスやマーケティングの基礎知識をプレゼンの練習を兼ねて学ぶという授業があり、内定後に役立つコンテンツが多数用意されていました。

私が通った就活塾のカリキュラム

就活塾の授業カリキュラムは塾によって違いますが、ここでは私が実際に通学していた塾のものを例として紹介します。

  • 自己分析と志望企業の決定
  • 業界・企業研究
  • WEBテスト対策
  • エントリーシートの書き方
  • グループディスカッション対策
  • 面接対策
  • ビジネススキル基礎知識

上記のようなカリキュラムのもと、授業で指導をしてもらうほか、毎回出される宿題をこなすような形で学習を進めていきました。

カリキュラムの内容はそれぞれ決まった時間をやるというわけではなく、自分が苦手なところは重点的に対策してもらいました。

その一方で特に苦手ではない点に関しては対策は軽めにしてもらい、対策する分野に関しては私の状況に応じて柔軟に組み立てることが可能でした。

絶対に通った方が良い5つの理由

バインダーを持つスーツ姿の女性

就活予備校の概要についてある程度分かったところで、ここからは実際に就活予備校に入るべきかどうかということを一緒に考えていきましょう。

以下で就活予備校に通うことのメリットを5つ紹介していきますので、現在のあなたの就活状況と照らし合わせながら見てくださいね。

メリット①:新卒の就活で大失敗をしなくて済む

新卒として就活できるチャンスは基本的に1度しかなく、これは今後の人生を大きく左右する非常に重要なイベントです。

ここで大失敗してしまうと、そこから軌道修正するのは大きな労力と時間がかかりますし、リカバリーが難しいケースも多くあります。

しかし、就活予備校に通っていれば、その道のプロから提出書類や面接の練習を手伝ってもらうことができますので、我流でやって大失敗するというリスクはかなり低くなります。

就活においては、ESでも面接でも他者からの評価が全てであり、自分では良いと思っていることでも相手にとってはイマイチということが多々あります。

予備校では第三者からの視点が常にあるので、このようなギャップが生まれることを防ぐことが可能なのです。

メリット②:就活に役立つ情報が沢山手に入る

就活予備校は毎年多くの就活生を指導している、言わば就活のプロとも言える存在です。

そのため、初めて就活に挑む人とは比べ物にならないくらいの選考情報が蓄積されているのです。

就活では情報の量と質が結果を大きく左右しますので、自分だけでは得られない情報をゲットできるというのはそれだけで非常に有利になります。

メリット③:学外の意識の高い就活仲間が出来る

就活は始める前の想像よりもはるかに大変で、上手くいかないことも多いため、一人でやると心が折れそうになることが多々あります。

特に周囲の友人が就活に対して意識の低い人ばかりの場合は、自分だけが浮いたり孤立気味になったりしてしまい、よりしんどく感じてしまいます。

ですが、就活塾に通っていれば自分と同じように就活を頑張りたいという仲間と一緒に励むことができるのです。

一緒に頑張ってくれる人がいると心の支えにもなりますし、お互い良い刺激を受けながら切磋琢磨していける環境があることは素晴らしいことです。

メリット④:身の丈以上の企業への入社も狙える

新卒での就活は大学の学歴や生まれてから今までのコミュニケーション能力で行ける会社のレベルがほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。

しかし、塾に通えば学歴やコミュ力といったハンデを払拭できるだけのテクニックを教えてもらえますので、自分の身の丈以上の企業に入ることも夢ではなくなります。

実際、私の周りにも日大からメガバンクに内定するなど多くの逆転合格がありました。学歴を重視するメガバンクが日大から内定者を取るのは異例なので就活塾の力と言えます。

日大の知人のケースのように就活塾の力を借りれば自分の肩書やスキルにコンプレックスがある人でも身の丈以上の企業に入社できるチャンスがあるのです。

メリット⑤:各業界のOB訪問が出来る

志望企業を考える際、学生の場合はどうしても憧れやネームバリューで選んでしまいがちですが、そのような判断の仕方はとても危険です。

イメージだけで企業選びをしてミスマッチを引き起こさないためにも、実際に働いている社会人の話を聞くことは大事です。

就活塾には色々な業界で働いている卒業生がいますし、彼らと触れ合うことができる機会もたくさん用意してもらえます。

このように色々な業界の話を聞いた上で、自分に合った業界や職種を探すことが出来るという点も、就活塾に通うことの大きなメリットなのです。

就活塾に対するよくある疑問と回答

ノートパソコンに向かう女性

「就活塾に通うメリットも知ることができて就活塾のことをもっと本格的に考えたいけど、まだまだ知らないことがたくさんある……。」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここからは就活予備校に対して多くの学生が抱いている疑問を一気に解消していきたいと思います!

今一度自分が就活塾に通う必要があるのかどうか考えるきっかけにしてくださいね。

料金はいくらくらいなのか?

入塾を検討する上で料金は1番に気になるポイントかと思いますが、相場としてはだいたい20万円~30万円程度の就活塾が多いです。

参考として以下に就活塾業界の中でも有名な塾の価格を挙げましたが、どの塾も相場価格と同じような値段になっていることが分かっていただけるかと思います。

塾の名前料金
我究館198,000円
(大学3・4年生/院生コース)
内定塾199,800円
(総合コース)
内定ラボ138,000円
(内定フルサポートコース)
キャリア
アカデミー
240,000円
(フルサポートコース)

相場価格から大きく外れている塾は怪しい塾の可能性もありますので、なぜその価格設定になっているのかを予め確認しておくようにしましょう。

通ったら絶対に内定できるのか?

残念ながら、就活予備校に通ったからと言って絶対に志望企業に受かるという保証はありません。

特に学歴が低い場合、たとえ塾に通ったとしても基礎スペックの壁を覆すのは至難の業です。

ただし、面接トレーニングや何度もエントリーシートの添削を受ければ自ずと内定率は高まりますし、少なくとも全落ちするという最悪の事態を避けることはできます。

絶対に通った方が良い学生とは?

就活予備校は自分の力で志望企業に内定できる自信がある人にはそもそも必要のないものです。ただし、就活予備校の力を借りなくても大手企業に入れるだけの実力を持つ学生はほんの一部。

そのため、トップ5%~10%の学生に入れないのでしたら使うのが無難です。特に通った方が良い学生の特徴としては大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  • スキルや経験はあるが就活のやり方がよく分からない
  • 学歴に不安はあるが頑張ってそれなりの企業に就職したい
  • 学歴や勉強には自信があるがコミュニケーション能力がない

これまでの人生経験や学歴、頭の良さを短期間でどうにかすることはできませんが、選考を突破するためのノウハウを徹底的に叩き込めば内定を獲得することは難しくありません。

また、就活塾では面接やGDなどのコミュニケーション能力が重視される選考の練習をかなり重点的にやってくれます。

この練習を繰り返せば能力はあるけど話すのが苦手という人は大きく化ける可能性があります。

キャリアセンターと就活予備校の違い

「就活予備校なんて利用しなくてもキャリアセンターを利用すればいいんじゃないの?」と疑問を抱いた方もいらっしゃるかと思います。

確かにキャリアセンターも就活予備校も就活をサポートしてくれる機関という意味では同じようなものです。

しかし、就活予備校はお金を払わなければならない分、キャリアセンターより豊富なサービスが受けられるという違いがあります。

キャリアセンターはあくまでも学生全体に向けて画一的なサポートを提供する場所であり、定期的なイベントや相談会はあっても、長期にわたって個別に指導をしてくれることはありません。

志望企業を見つけるための自己分析から合格するための最適な就活対策まで、付きっきりで個別に対策をしてくれるのは就活予備校ならではです。

ある程度自分で就活を進められるという自信がある方はキャリアセンターでも十分かもしれませんが、しっかりとしたサポートを求める場合は就活予備校の方が向いていると言えます。

就活って自分でやるものではないの?

現状では就活予備校を使う人は圧倒的に少なく、自力でやる人が大多数ではありますが、毎年変わる就活市場の中で、就活塾を利用する人は年々増えています。

つまり、大学受験で予備校に通うのと同じようなことであり、就活で塾を利用するというのは何も珍しい話ではありません。

自分でできるならそれに越したことはありませんが、誰かに手伝ってもらうことは何も恥ずかしいことではありませんので、必要ならば塾の利用を検討してみてください。

就活予備校に通う際の3つの注意点

3つのポイント

ここからは実際に就活塾に通う際に注意しておいた方がよいことを3つご紹介します。

先ほども少しお話しましたが、就活塾に通うだけで内定が獲得できるわけではありませんので、「いかに利用するか」という視点を忘れないようにしておきましょう。

絶対に内定率が高い塾を選ぶべき

1つ目の大事なポイントとして、内定率は必ずチェックするようにしておきましょう。

就活塾は指導力も料金もバラバラですので、限られた情報の中で優良な塾を見極めなければなりません。

その際、内定率は就活塾の良し悪しを最も直接的に表すパラメーターとして非常に役立ちますし、最低でも95%を超えるところを選ぶのがベターです。

塾に通いながらも自分でも頑張る

何度も言いますが、塾に通うだけでは大した意味はなく、自分でいかに塾で学んだことを生かして頑張れるかが結果を大きく左右します。

特に根本的なスペックや能力は塾でも何とかすることはできませんので、自分で地道にTOEICのスコアーを上げたり、ESのネタになる経験を積んだりすることが大切です。

「塾に何とかしてもらおう」ではなく「自分で何とかする」という気持ちでないと、本当に行きたい企業から内定をもらうのは難しいです。

塾を使い倒す姿勢が重要

就活塾はあくまで就活をスムーズに進めるための環境であり、その環境を最大限に活用することが大切です。

つまり受け身な態度で与えられる課題だけをこなしているようではダメだということです。

見てもらいたいESがあったら自分からメールを送ったり、何か困ったことがあればすぐにサポートをお願いしたりするなど、自分から積極的に使わないと宝の持ち腐れになってしまいます。

せっかく高いお金を払うのですから、遠慮せずに使い倒すくらいの姿勢で利用しましょう。

おすすめの就活予備校一覧

次に企業からの内定を獲得する事を目指して就活予備校に通うのでしたら目をつけておきたいおすすめの就活塾の名前をご紹介します。

  • 我究館
  • ホワイトアカデミー

ここで取り上げた2つの就職予備校はどれも受講生の創業以来の内定率は90%を超えております。

つまり、予備校に通い、予備校の先生の指導の通りに就職活動に励めば基本的には無事に就職活動を乗り越えられることが期待できます。

しかも今取り上げた2つの就活予備校は返金保証もつけており、万が一講師の指導に従った上で内定が出なければ受講料の全てまたは一部が返還されます。

なお、今回ご紹介した我究館とホワイトアカデミーをはじめとしたおすすめの就活塾(就活予備校)については以下のページでまとめておりますのでぜひご覧ください。

おすすめの就職塾ランキングはこちら

このページのまとめ

今回のページのまとめ
ここまでの内容はいかがでしたでしょうか?就活予備校について少しでも理解が深まっていれば幸いです。

改めての話ですが、ここまで取り上げた内容の中で特に大事なポイントを以下にて一覧にしてみました。

  • 就活予備校に通うことで身の丈以上の企業が狙える
  • 料金相場20万円~30万円程度
  • 通うだけで内定できるわけではない
  • 利用を検討する際は内定率が高い塾を選ぶべき

就活予備校に通うことで得られるものはたくさんありますが、得られるものの大きさはあなたの頑張りにかかっていると言っても過言ではありません。

自分で頑張っていい企業に行きたいという気持ちがあるなら、就活予備校は必ずあなたの役に立ってくれますので、ぜひ本格的に塾を探してみてくださいね!

コラム:大学は真の意味では就活予備校ではない

最近、ニュースなどで「大学は就活予備校になっている」という主張を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは100%正しいとは言えません。

と言いますのも、大学はそもそも就活に直接役立つような授業なんてほとんどありませんし、キャリアセンターの運営もあまり力を入れていない大学の方が多いのです。

中には就活対策をする大学も一部存在しますが、エントリーシートの添削や面接指導などを回数無制限で行っているところはまずありません。

さらに、大学が就活に力を入れる理由は就職率を高める自社のPR的な要素が強く、本気で生徒を良い企業に入れるための本格的な指導は行っていません。

そのため、一発勝負の就職活動において、大学に通っているだけで完璧な準備をするのはとても難しいことなのです。

最後に評判の良いおすすめの就活塾(就職予備校)をランキング形式で取り上げているページをご紹介しますのでぜひご覧ください。

口コミ評価の高い就職予備校一覧

タイトルとURLをコピーしました